ハーモニープレスからのお願い : ハーモニープレスを見るときは部屋を明るくして 1280×1024 以上の解像度で IE7 以上か FF3 以上で近づきすぎないようにして見てネ

≪ 《青春18きっぷ利用客向け》下関⇔釜山航路 関釜フェリー 20...NXP Layerscape LS1021Aをベースにしたエンベデッドゲートウ... ≫

少林寺拳法は、超少子高齢社会に向け、 新たな取り組みを展開しています

関連タグ : 健康 女性 高齢者 

[2019年01月18日(Fri)]
◎誰の身にも迫る「2025年問題」
 2025年の日本は、人類が経験したことのない「超少子高齢社会」を迎えます。

※超少子高齢社会における問題点
 (1)介護の負担(するほう、されるほう)
 (2)孤独の増加
 (3)健康寿命の維持

◎そんな社会に向け、少林寺拳法が取り組んでいること
 もともと少林寺拳法には、老若男女問わず楽しめるという特徴がありますが、さらに、来るべき超少子高齢社会に向けた“少林寺拳法健康プログラム”を提供し、その普及に取り組んでいます。

※ズバリ! 取り組むにあたっての三つのポイント
(1)心身の健康づくり
(2)仲間づくり(人間同士のつながり)
(3)健康年齢の引き上げ

※“少林寺拳法健康プログラム”とは……
 “少林寺拳法のエッセンス”で構成した、軽い運動中心のプログラムです。
 2015年より始まり、全国に広がりつつあります!

 少林寺拳法は、各道場での修練、また「健康プログラム」を通じて、皆さんが元気な生活を送れるよう、「健康寿命を延ばすこと」を目指しています。

◆OVER70からの少林寺拳法修行
 渡邊春夫さん(東京大塚道院)は御年84歳。少林寺拳法を始めたのは70歳を過ぎてから。「健康体操」(健康プログラム)から始め、体力に自信がついたころに少林寺拳法の技法をマイペースで学び、82歳のときに二段を取得。
 「少林寺拳法は禅の修行でもあり、法話も魅力的。心身の健康のため、これからも元気なかぎり修行を続けたい!」と語ります。

◆地域社会のために、少林寺拳法を生かす
 52年の歴史を持つ東京錦糸道院では、時間帯・対象を絞ったクラス設定を工夫しています。「『こころ』と『からだ』のリフレッシュ護身術」では、週末に、働く世代に対象を絞って運動不足・ストレス解消を。また「いきいき百歳介護予防護身術」では、午前の時間帯に、マダム層へのアンチエイジングなどに焦点を当てました。シニア層、女性など、武道になじみのない方でも参加しやすい「少林寺拳法健康プログラム」を活用した取り組みを、毎月展開しています。

<本件に対するお問い合わせ>
一般社団法人SHORINJI KEMPO UNITY 広報セクション(担当/横川・川島)
TEL. 03-5961-2193
E-mail prsection@shorinjikempo.or.jp

リリース記事を書いた人のデータ

Posted at  2019.01.18 16:08リリースカテゴリ : 生活・健康
リリース記事のURL : http://news.harmony.ne.jp/entry36285.html

≪ 《青春18きっぷ利用客向け》下関⇔釜山航路 関釜フェリー 20...NXP Layerscape LS1021Aをベースにしたエンベデッドゲートウ... ≫



地域情報多角視点  Ripple Web  以下、お知らせです  地元お知らせWeb  Mark the Local  Information Station  家具屋一番  K's InfoCollection  地域の情報まとめ  いい熟TV