ハーモニープレスからのお願い : ハーモニープレスを見るときは部屋を明るくして 1280×1024 以上の解像度で IE7 以上か FF3 以上で近づきすぎないようにして見てネ

≪ 北陸初!!VR会社見学制作サービススマホビューティーマガジン「HowB(ハウビー)」最新号公開 ... ≫

ウィンマジック、永続的なサーバ暗号化の必要性を検証

関連タグ : WinMagic ウィンマジック SecureDoc 

[2018年09月26日(Wed)]
2018年9月26日東京発―ディスク暗号化ソフトウェアの先進企業、WinMagic Corp. の日本法人であるウィンマジック・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、カントリーマネージャー:石山 勉、以下ウィンマジック)は、サーバに鍵が適用されロックされていても、通常のデータセキュリティ戦略の一環としてサーバの暗号化を採用することを企業に奨励しています。

多くの企業が、サーバ保護に関する物理的なセキュリティリスクを見落としています。サーバ保護に関するよくある誤解は、サーバがデータセンターにあるか、鍵が適用されロックされており、データが常に使用され、データが決して静止することがないため、ドライブの暗号化は不要という考えです。ウィンマジックのCISSPであり、テクノロジー部門のバイスプレジデントであるGarry McCrackenは、サーバを修理するために配送するときに盗難に遭った例をブログ( https://www.winmagic.com/blog/do-physical-servers-really-need-to-be-encrypted/ )で紹介しましたが、物理サーバに関するデータセキュリティについての誤解について説明しています。ブログでは、「すべてのドライブが最終的には修理や廃棄のためにデータセンターを離れることになります。ドライブを暗号化しておくことで、顧客データが保存されている古いドライブが、eBay で販売される事態を防止できます」と述べています。特にGDPR(EUデータ保護規則)対応やカリフォルニア州のデータプライバシー法など、データプライバシーコンプライアンスが厳格化している中で、企業がサーバの暗号化を怠ることは許容されないリスクになっています。

エンタープライズ管理
WinMagic SecureDoc for ServersおよびOSA(Operating System Agnostic)for Serversは、ソフトウェアとハードウェア両方を使用した強力なフルディスク暗号をはじめとするさまざまな機能を提供します。WinMagic SecureDocは、企業内のサーバに保存されているデータのシームレスな管理と保護を実現し、企業のインフラに対する投資を安全に保護します。ウィンマジックのインテリジェントな鍵管理を利用すると、暗号化されたドライブが盗難に遭ったり紛失したりした場合でも、ドライブを操作できれば、そのデータを完全に消去(crypto-erase)することができ、操作できなければ、暗号鍵を削除してデータにアクセスできなくし、データが侵害されてもその損害を軽減できます。

WinMagic SecureDocの強みは、その多様性にあります。WinMagic SecureDocは、オペレーティングシステムネイティブのソフトウェア暗号化(Windows、AppleおよびLinux)、自己暗号化ドライブ、WinMagic SecureDoc独自のFIPS 140-2認証のソフトウェア暗号化を管理できます。WinMagic SecureDocは最先端のデータストレージの手法や主要なOSに対応しており、暗号化の管理で一般的に直面する多くの課題を解決します。さらに、OSがロードされる前に、暗号化されたデバイスを認証する独自のネットワークベースのプリブート機能である、WinMagic SecureDocのPBConnexソリューションによって、標準のOSのログインプロセスの前に認証が適切に検証されなければ、データにアクセスできなくなります。

結論として、企業や組織は、支店にあるすべてのサーバ、オフィスサーバクローゼット、データセンター、またはコロケーションファシリティすべてのサーバを暗号化しなければなりません。これにより、ハードドライブが物理的に取り外される場合でも、ビジネスとデータは保護されます。現在の暗号化ソリューションはデバイスのパフォーマンスに大きな影響を及ぼすことはありません。データプライバシーのコンプライアンス要件が厳格化する中で、コンプライアンス違反があった場合の罰金も増加しています。企業のあらゆる場所でデータを暗号化することが求められています。暗号化は、データセキュリティの基本的な対策となっています。

ご利用について
WinMagic SecureDoc for Servers、OSA for ServersおよびCloudVMソリューションは、ウィンマジックまたはウィンマジックのパートナーを通じて各国で入手できます。詳細につきましては、winmagic.com/jpをご覧ください。

【ウィンマジックについて】
ウィンマジックは、データセキュリティビジネス分野で最大手の企業の 1 つであり、90 ヵ国以上 800 万のエンドポイントを暗号化しています。包括的な暗号化および統合型のインテリジェント鍵管理ソリューションは多くの実績を持ち、高度な脅威とデータロスに対する最高クラスのプロテクション機能を提供します。ウィンマジックのデータセントリックなセキュリティアプローチと WinMagic SecureDoc 製品により、エンドポイント、物理または仮想データセンター、クラウド IaaS 環境のデータを確実に保護できます。

詳細については、www.winmagic.com/jp にアクセスするか、03-5403-6950 にお電話ください。

本プレスリリースに関するお問合わせ先:
ウィンマジック・ジャパン株式会社
〒105-0022 東京都港区海岸 1-2-3
汐留芝離宮ビルディング 21 階
http://www.winmagic.com/jp

(製品情報に関するお問合わせ先)
Email: sales.jp@winmagic.com
Tel: 03-5403-6950
(取材のお申込先)
Tel: 03-3537-1108
Email: winmagic@mlrev.co.jp

Arest(アレスト)
Posted at  2018.09.26 12:28リリースカテゴリ : セキュリティ
リリース記事のURL : http://news.harmony.ne.jp/entry35858.html

≪ 北陸初!!VR会社見学制作サービススマホビューティーマガジン「HowB(ハウビー)」最新号公開 ... ≫



地域情報多角視点  Ripple Web  以下、お知らせです  地元お知らせWeb  Mark the Local  Information Station  家具屋一番  K's InfoCollection  地域の情報まとめ  いい熟TV