ハーモニープレスからのお願い : ハーモニープレスを見るときは部屋を明るくして 1280×1024 以上の解像度で IE7 以上か FF3 以上で近づきすぎないようにして見てネ

≪ 『モンスターコレクト』出演声優第3弾を発表!間島淳司さん、...パパ、ママの職場を覗いてみよう! 春休みを利用した、職場見... ≫

「WavesGo」でゲートウェイ展開を開始

関連タグ : このリリース記事に登録されているタグはありません。

[2018年03月30日(Fri)]
~新しいフレームワークにより、素早く簡単に新しい仮想通貨のためのゲートウェイ展開が可能に~


Waves Platformは、誰でも簡単に設定できるゲートウェイのサービスを立ち上げました。

ゲートウェイは、Wavesエコシステムの重要な機能です。ゲートウェイによってユーザーは異なる通貨を預託でき、ゲートウェイ内で安全に保持される資金によって、1:1で換算額が同じとなる裏付けの専用Wavesトークンを受け取ることができます。このトークンは送金が可能で、自由に売買でき、トークンと同等の資金と引き換えに、ゲートウェイへ送り返すこともできます。
不換通貨ゲートウェイは特別な例で、銀行との関係およびコンプライアンス関係が必要ですが、今回のゲートウェイにはそのような必要はありません。また、今まで高額な技術費がかかっていましたが、これにより、経費をかけずに誰でも新しいコインのためのゲートウェイを設定することができるようになります。

■WavesGoゲートウェイランチャー
Wavesの公式ブロックチェーンエクスプローラのWavesGo はブロックチェーンの開拓者として始まりましたが、Wavesエコシステム関連のさらなるサービスを一連で提供するようになりました。その1つは新しいゲートウェイを開始するために要する多くの複雑さを減らすことのできるフレームワークです。これは、コイン・チームがプロジェクトをWavesと統合し、各コインのコミュニティがDEX(分散型取引所)上でコインを売買するようにできるということです。
あらゆる仮想通貨ゲートウェイには、すべてのコインに共通する要素と、必然的に独自の統合する特定のブロックチェーンに依存する面とがあります。WavesGoフレームワークはすべてのブロックチェーンに共通する業務を取り扱うため、独自のインターフェースをそれぞれのプロトコルに提供する作業は開発者が担います。WavesGoは、ライトコイン(以下、LTC)をWavesエコシステムに統合するためにこのフレームワークをすでに使用しており、このフレームワークがどのように機能するかの例を提供しました。ゲートウェイフレームワークによって提供されたもの以外で、LTC(※2ページGithubリンクを参照)のために必要だったのは、およそ100行のコードだけでした。

■技術的要件
WavesGoゲートウェイフレームワークはPython3で実装されるので、ゲートウェイを開発中のブロックチェーンはPython3からも到達できる必要があります。これは、そのブロックチェーンのための特別なPython APIによって、または、JSON-RPC、RESTや同様の標準インターフェース経由で達成できます。
ゲートウェイは、関連したブロックチェーンのための7つの共通インターフェース基準の作成または存在を必要とします。その後のWavesGoゲートウェイフレームワークとの統合は容易です。
現在は、他のブロックチェーン・プロジェクトがこのフレームワークを取り入れ、このフレームワークを基に構築できるよう、このフレームワークを一般に公開することを目指しています。それにより、Wavesエコシステムへの新しいゲートウェイを構築し、DEX上に新しいコインと流動性をもたらし、より広い仮想通貨コミュニティに寄与することができるのです。

Githubリンク:
• https://github.com/jansenmarc/WavesGatewayFramework
• https://github.com/jansenmarc/WavesGatewayLTCExample
• https://pypi.python.org/pypi/waves-gateway/1.0.0


【 Waves Platformについて 】
Wavesはブロックチェーンに基づく先進的なエコシステム(連携した製品やサービス)です。 同社は、ICOで1,600万ドルを調達した2016年6月に始まりました。製品とサービスには、複数通貨ウォレット、Wavesトークンランチャー(通貨の発行機能)、資金調達機能、および分散型暗号化交換があります。 15万社のアクティブメンバーが参加しているWavesのエコシステムを通して、スタートアップ企業はすでに1億ドル以上の資金を調達しています。 Wavesはスイスに登録されモスクワとアムステルダムにオフィスを構え、今後はニューヨーク、ベルリン、ロンドン、シンガポールへの展開を計画しています。 詳細は www.wavesplatform.com をご参照ください。

社 名: Waves Platform
設 立: 2016年6月
代 表: 創業者兼CEO サシャ・イワノフ
従業員数: 50名
本社所在地: ロシア/モスクワ
電 話: +7-916-228-91-75
オフィス: モスクワ、アムステルダム
メール: pr@wavesplatform.com
ウェブサイト: https://wavesplatform.com/ (日本語版作成中)
ブログ: https://blog.wavesplatform.com/japan/home (日本語)
Wavesニュースチャンネル: https://t.me/wavesnews
CEOニュースチャンネル: https://t.me/absolutelysasha
Wavesトークンの時価総額: https://coinmarketcap.com/currencies/waves/


【 問い合わせ先 】
Waves Platform 広報窓口:
共同PR株式会社 PRアカウント本部/小林、大谷
               TEL: 03(3571)5238   Mail: waves-pr@kyodo-pr.co.jp

リリース記事を書いた人のデータ

Posted at  2018.03.30 11:58リリースカテゴリ : ビジネス
リリース記事のURL : http://news.harmony.ne.jp/entry35174.html

≪ 『モンスターコレクト』出演声優第3弾を発表!間島淳司さん、...パパ、ママの職場を覗いてみよう! 春休みを利用した、職場見... ≫



地域情報多角視点  Ripple Web  以下、お知らせです  地元お知らせWeb  Mark the Local  Information Station  家具屋一番  K's InfoCollection  地域の情報まとめ  いい熟TV