ハーモニープレスからのお願い : ハーモニープレスを見るときは部屋を明るくして 1280×1024 以上の解像度で IE7 以上か FF3 以上で近づきすぎないようにして見てネ

≪ Androidスマホ通話録音サービス「スマ録助」のリリースLeawo 入学式・卒業式応援セール!ブルーレイ/DVD/スライドシ... ≫

奥田敦也 尺八古典本曲演奏会 ~生音で聴く地無し延べ管尺八~

関連タグ : 尺八 演奏会 虚無僧 

[2018年03月11日(Sun)]
 平成30年(2018年)4月14日(土)、日比谷コンベンションホール大ホールにて、江戸時代に虚無僧が吹いていた尺八と同じルーツを持つ「地無し延べ管尺八」の第一人者であり、尺八古典本曲の教授所である「禅茶房」を主宰する奥田敦也先生の尺八演奏会を開催致します。

 江戸時代に虚無僧尺八「古典本曲」としてひとつの完成を見た日本の尺八(音楽)は、中世期から江戸時代にかけて、「ぼろ」と呼ばれた乞食僧や、薦僧(こもそう)、虚無僧等によって生み出され、吹き継がれてきた日本固有の(音楽)です。(音楽)とカッコ付きで記すのは、江戸時代まで尺八(音楽)は音楽ではなく、禅宗の一派であると主張し江戸幕府から容認されていた「普化宗」において、尺八を吹くことは修行であり読経に類する行為=吹禅(すいぜん)とみなされていたからです。

 虚無僧の中には愚連隊のような狼藉者も多くいたようですが、一部の虚無僧が吹禅を追究し続けた証として、今日まで150曲以上の「古典本曲」が伝承されています。権力者や富裕層の娯楽や暇つぶしではなく、飢餓と貧困と内乱の地の底から生まれてきた古典本曲は、近代以前に創られた作者不詳の表現主義芸術とでも言うべき、世界音楽史においても類を見ないと思われる独自の完成度に到達しています。

 そして、虚無僧が吹いた「地無し延べ管」で、比類なき技量と哲学をもって古典本曲を追究されてきたのが奥田敦也先生です。
 奥田先生は生音主義で録音には消極的であるため、これまで市販されたCDは『禅の音 地無し延べ長管尺八』他、数枚であり、この度の演奏会は、奥田先生の古典本曲の独奏を生音で聴く貴重な機会となります。曲目は奥田先生が演奏会の場で決められます。
 半世紀にわたる吹禅の追究と自作の地無し延べ管尺八によって生み出される古典本曲の深遠なる「禅の音」の世界をご堪能ください。

『奥田敦也 尺八古典本曲演奏会 ~生音で聴く地無し延べ管尺八~』
◎開催日時:平成30年4月14日(土)14:30開場 15:00開演
◎会 場:日比谷コンベンションホール(大ホール) 
     東京都千代田区日比谷公園1-4 日比谷図書文化館 B1F
◎入 場 料:前売2,000円/当日2,500円
 前売予約は本Webページか、yoyaku180414@gmail.comへ氏名・フリガナ・予約枚数をメール
 予約・事前購入は、本「TiGET」Webページ(VISA,Master,AMEX)か、
「Livepocket」Webページ(JCB,VISA,Master,コンビニ) https://t.livepocket.jp/e/atsuya_okuda
◎お問い合わせ・取材のお申込みは info180414@gmail.com

リリース記事を書いた人のデータ

Posted at  2018.03.11 21:42リリースカテゴリ : 音楽
リリース記事のURL : http://news.harmony.ne.jp/entry35115.html

≪ Androidスマホ通話録音サービス「スマ録助」のリリースLeawo 入学式・卒業式応援セール!ブルーレイ/DVD/スライドシ... ≫



地域情報多角視点  Ripple Web  以下、お知らせです  地元お知らせWeb  Mark the Local  Information Station  家具屋一番  K's InfoCollection  地域の情報まとめ  いい熟TV