ハーモニープレスからのお願い : ハーモニープレスを見るときは部屋を明るくして 1280×1024 以上の解像度で IE7 以上か FF3 以上で近づきすぎないようにして見てネ

≪ ‘2020年’に向けて住宅業界を生き抜くための戦略セミナーネクストワークコンサルティングはコンサル案件紹介サイトを... ≫

限定醸造「Far Yeast Barrel Agedシリーズ」を発売

関連タグ : ビール クラフトビール 新商品 

[2018年01月22日(Mon)]
2018年1月29日より、「Far Yeast Barrel Agedシリーズ」として、「Far Yeast Barrel Aged Strong Ale (WHITE-Wine)」(ファーイースト バレルエイジド・ストロングエール ホワイトワイン)と「Far Yeast Barrel Aged Strong Ale (RED-Wine)」(ファーイースト バレルエイジド・ストロングエール レッドワイン)を発売します。

バレルエイジとは、ウイスキーやワインに使用した木樽で熟成させたビールのことです。木樽に染み込んだ香りや風味がビールに移ることで、フレッシュなビールとは違った奥深い味わいと香りを楽しむことができます。今回は、白ワインと赤ワインの2種類の樽で熟成をさせました。

〜Far Yeast Brewing株式会社 醸造チームより〜
「Far Yeast Barrel Aged Strong Ale (WHITE-Wine)」は、白ワイン樽熟成ならではの、ブドウの果肉を感じる甘い香りと樽のウッディな香りが特徴です。ベースとなるストロングエールのしっかりとしたボディに、白ワインのドライかつスパイシーさが重なり、クリアな甘みの余韻が感じられます。一方、「Far Yeast Barrel Aged Strong Ale (RED-Wine)」は、赤ワイン樽熟成ならではの、酸味がかったウッディな香りとほのかなバニラの香りが特徴です。ベースとなるストロングエールのしっかりとしたボディに、赤ワイン独特の酸味が混ざり合い、口に残る味わい深い余韻を楽しんで頂ければと思います。

同商品は樽とボトルの2商品で展開予定です。樽は1月26日(金)〜28日(日)の「JAPAN BREWERS CUP 2018」で先行開栓、その後、樽・ボトルともに1月29日(月)より販売を開始する予定です。

当社では今後も限定醸造品などの新アイテムを取り入れ、日常の様々なシーンでたくさんの皆様に喜んでいただける商品の提供を目指します。

【Far Yeast Barrel Aged Strong Ale (WHITE-Wine)商品概要】
商品名:Far Yeast Barrel Aged Strong Ale (WHITE-Wine)
販売開始日:先行開栓 1月26日(金)〜28日(日)の「JAPAN BREWERS CUP 2018」
一般販売 樽・ボトルともに1月29日(月)
価格:オープン価格
原材料:大麦麦芽、大麦、ホップ、糖類(二次発酵用)
アルコール度数:10.5%
IBU:37
スタイル:ストロングエール
仕様:15L樽及び330mlボトル

【Far Yeast Barrel Aged Strong Ale (RED-Wine)商品概要】
商品名:Far Yeast Barrel Aged Strong Ale (RED-Wine)
販売開始日:先行開栓 1月26日(金)〜28日(日)の「JAPAN BREWERS CUP 2018」
一般販売 樽・ボトルともに1月29日(月)
価格:オープン価格
原材料:大麦麦芽、大麦、ホップ、糖類(二次発酵用)
アルコール度数:10.5%
IBU:37
スタイル:ストロングエール
仕様:15L樽及び330mlボトル

<お楽しみにあたって>
香りを楽しむため、ワイングラスや脚付きのグラスでお楽しみください。
注いだ後にグラスを揺らすと少し炭酸が抜けて味がまろやかになります。
冷蔵庫から出してから少し時間をおいた8〜10℃の温度帯では、より樽の香りが引き立ち、味わい深く、じっくりとお楽しみいただけます。

発売に伴い、下記イベントで先行開栓いたします。
「JAPAN BREWERS CUP 2018」
日時: 1月26日(金)〜28日(日)
場所: 横浜大さん橋ホール(神奈川県横浜市中区海岸通1-1)
詳しくは JAPAN BREWERS CUP 2018 公式HP(http://japanbrewerscup.jp/)をご覧ください。

公式ストアページ(https://faryeast.stores.jp/)では、2月上旬頃から発売予定です。


【「Far Yeast」ブランドについて】
Far Yeastブランドは、2014年4月に誕生した「馨和 KAGUA」ブランドに続く Far Yeast Brewing 株式会社による2番目のブランドです。東京を拠点に活動するクラフトビールの会社として、世界に誇る「東京 Tokyo」から様々なビールの魅力を世界に発信したいとの想いのもと、2017年4月 28日より自社工場「源流醸造所」で醸造を開始しました。「源流醸造所」では、東京都の水源のひとつである多摩川源流の水を使用し、華やかで、伝統と最先端が混じりあいながら日々進化していく「東京 Tokyo」をテーマとした「東京ブロンド」、「東京ホワイト」、「東京 IPA」及び「FINAL CUT Session Ale」の4種類の定番商品や、限定商品の醸造を行なっております。

【Far Yeast Brewing株式会社について】
“Democratizing beer”‐「産業化によって画一的な大量生産商品になってしまったビールの多様性と豊かさをもう一度取り戻す」、というミッションのもとに活動しています。和の馨るエール「馨和 KAGUA」と、東京 Tokyoをテーマにした「Far Yeast」、2つのクラフトビールブランドを展開しており、個性あふれるビールを世界へ向けて発信しています。

【Website】 http://www.faryeast.com/
【Facebook】https://www.facebook.com/faryeast/
【Twitter】https://twitter.com/faryeastbrewing
【Instagram】https://www.instagram.com/faryeastbrewing/


【お問い合わせ先】
Far Yeast Brewing株式会社
担当:村田
Email:faryeast@faryeast.com
TEL:080-4956-0896

Arest(アレスト)
Posted at  2018.01.22 14:10リリースカテゴリ : グルメ
リリース記事のURL : http://news.harmony.ne.jp/entry34946.html

≪ ‘2020年’に向けて住宅業界を生き抜くための戦略セミナーネクストワークコンサルティングはコンサル案件紹介サイトを... ≫



地域情報多角視点  Ripple Web  以下、お知らせです  地元お知らせWeb  Mark the Local  Information Station  家具屋一番  K's InfoCollection  地域の情報まとめ  いい熟TV